メインイメージ

設立の手引き

一般社団法人設立のための手引きとは

一般社団法人は法人格を持つ組織ですが、普通の会社のように利益を得るために設立されるわけではありません。具体的にどのような手続きが必要なのでしょうか。しかし、自分でそれを考えるのは簡単ではありません。誰でもがそう考えていますから、それをサポートする手引き資料などがたくさん提供されています。これから一般社団法人を設立したいと考えているなら、それらのサイトをよく読んで十分理解することが大切でしょう。このような手続きをサポートするサイトが多くあるのは、その概要だけを聞いて自分たちの組織も法人格を持った方がいいと思う人が多いからです。しかし、具体的にどうすればいいのかわからないため役所に相談に行きます

。役所としても同じような説明を個別に行うのは効率が悪いため、サイトで具体的な手引きを提供することにしたのでしょう。また、最近は設立を全面的にサポートしてくれる企業が出てきました。一定の手数料を支払えばすべての手続きを行ってくれるのです。つまり、手続きを知る必要もありません。ただ、一般社団法人の意味を十分理解しておくことが大切です。もちろん、社員は1名以上で一般社団法人となることができます。そろえなければ書類もあります。もちろんのことですが、この手続きは専門の業者に依頼したとしても、その後の運営は自分たちで行わなければなりません。それをわからずに法人格を持つことは一定のリスクを伴うかもしれません。もちろん、サポートしてくれる業者にその後もお願いすることは可能です。

しかし、そのためには手数料を払わなければなりません。全体的なことを十分考えることが大切なのでしょう。本当のところを言えば、具体的な手続きは難しいことではありません。しかし、不慣れなことはできるだけ避けたいと思う人がほとんどでしょう。一般社団法人を作ることが目的ではありません。その手続きのことに苦労するよりも手数料を払って、スムーズにやってほしいと思うのです。これまでやってきたことが極端に変わるわけではありませんが、様々な手続きを規則に基づいて行うことに意味があるのです。多くの法人が設立されていますから、それらを参考にして自分たちの会社を作っていけばいいのです。社会の仕組みは複雑ですが、それは内容を知らないから感じてしまうことです。よく調べてみれば難しくないとわかるはずです。ただ、社団法人の役割に気を取られることなく本来やるべきことをやれる時代となったのです。

バナー
バナー